今日の人気記事

スポンサードリンク

「Apple TV(第4世代)」にはA8プロセッサに8/16GBのストレージを搭載し4Kはサポートしない!?

Sidebysiderl3
Photo by 9to5Mac

9to5Macは、信頼できる情報筋によると、「Apple TV(第4世代)」は、現在の「Apple TV(第3世代)」よりはるかに高速はプロセッサ、ブラックのApple Remoteが搭載され、ポートについては「Apple TV(第3世代)」とおなじになるだろうと伝えています。

スポンサードリンク


8Gもしくは16GBのストレージを搭載?

「Apple TV(第4世代)」のテストでは8GBと16GBのストレージが搭載されていたそうで、これはAppleが2つの価格を検討している可能性があり、16GBモデルが199ドル、8GBモデルが149ドルで同時にリリースされるか、16GBのモデルが149ドルになるとしています。

いずれの場合でもAppleは149ドルで「Apple TV(第4世代)」を発売するとしています。

また、「Apple TV(第4世代)」にはゲームを強力にサポートするためにApp Storeが搭載されるが、アプリはインタネットから直接ストリーミングされるので、8Gもしくは16GBでも問題ないとしています。

A8プロセッサ搭載で4Kのサポートはなし?

「Apple TV(第4世代)」のプロセッサには「iPhone 6/6 Plus」に搭載されているA8プロセッサが採用されるそうで、TouchPadとモーションセンサーをサポートしたApple Remoteには「Apple TV」のデザインにマッチするように濃い灰色もしくは黒になるそうです。

「Apple TV(第4世代)」の背面のポートには、電源ポート、標準HDMIポート、トラブルシューティング用のUSBポートと「Apple TV(第3世代)」と同じになるそうですが、コンテンツのストリーミングやAir Playでの4Kのサポートは省かれているそうです。

先ほどの記事で「Apple TV(第4世代)」は149ドルになるという情報をお伝えしましたが、ひょっとすると2つのモデルが発売される可能性があるようです。

かなりスペックも見えてきましたし、今回の「Apple TV(第4世代)」は期待ができそうですね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)