Iphonexbunner big

Apple、中国語機能を強化した廉価版「iPhone」を製品化!?

MSN産経ニュースは、中国語機能を強化した上で価格を抑える中国版の「iPhone」を上海で開発する計画を進めていることが分かったと伝えています。

Iphone3gs
 
中国紙、第一財経日報が上海市当局筋の情報として伝えた内容として、Appleが計画しているのは、2千元(約3万円)前後の見込みだとしていて、今夏までに上海市内に研究開発センターを拠点として設置するとしています。

なお、中国版「iPhone」の発売時期などは明らかにされていないとしています。

この上海の研究開発センターについては、サプライチェーンのマネージメントセンターとなるという噂もあったものと同様の話のようですが、中国版「iPhone」というのはどうなんでしょうか…。

廉価版「iPhone」については以前から噂はあるので、可能性がないわけではなさそうですが、Appleは基本的にはワールドワイドで使える製品を作っているので、中国版という形には少なくともならないのではないでしょうか?

関連記事
Apple、上海の浦東に開設するのは研究開発センターではなく、サプライチェーンのマネージメントセンター!?
Apple、中国上海に研究開発センターを開設することが確認される
噂・Apple、今年の夏に中国・上海に研究開発センターを開設!?
廉価版「iPhone」はPegatronが受注し、2013年第2四半期から販売開始!?
iLounge、廉価版「iPhone」のデザインの詳細情報を公開!?
Apple、廉価版「iPhone」にはQualcommのプロセッサを採用!?
iLounge、次期「iPhone」と「iPad」のさらなる詳細情報を公開!?
アナリスト予測:2013年のApple新製品のロードマップ・iPhone・iPad編

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)