「iPhone 8」ではTouch IDと顔認証を組み合わせた2段階システムが搭載される可能性も!?

Touchid

MacRumorsは、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏の最新レポートによると、2017年「iPhone」には新しいバイオメトリック認証技術や、新しいデザインを含む、3D Touchを搭載したフレキシブルな有機ELディスプレイを採用するかもしれないと伝えています。

スポンサードリンク

Touch IDに加えて顔認証も?

Appleは現在のFPCB(フレキシブルプリント基板)センサーから、より良い3D Touchのユーザー体験を提供するためにフィルムセンサーに切り替えるかもしれないとしています。

また、Appleはフルスクリーン(ゼロベゼル)のフォームファクターデザインとセキュリティの強化を考えていて、そのための新しいTouch ID技術を開発しているとのこと。

現行の"アンダーガラス"の指紋認証設計は、フルスクリーンのフォームファクター設計の基準を満たしていないことから、容量式から光学タイプに変更するのではないかとしています。ただ、これについてはまだ開発初期段階だとも指摘しています。

また、指紋認証システムはセキュリティの強化をするために、最終的に顔認証に置き換わると考えているが、技術的な問題(アルゴリズム・ハードウェア設計・データベースの問題など)が解決しない場合は指紋と顔認証を組み合わせる可能性もあるとしています。

今年発売されるiPhoneについては「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」のアップデートモデルのほかに、プレミアムモデルとして有機ELディスプレイを搭載したモデルが登場するのではないか噂がありますが、そのプレミアムモデルにはこういった新しい機能がどのくらい搭載されるのでしょうか?

先日も噂にあったホームボタンを含めたすべてのカメラ・センサーなどがディスプレイに埋め込まれるといったことが採用されるのかなど注目されるところだと思います。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)