今日の人気記事

スポンサードリンク

知財高裁:サムスンにAppleに対して995万円の請求権を認める判決

Apple logo

日本経済新聞によると、サムスンの通信技術を巡るAppleの日本法人とサムスンが争っていた控訴審判決で、知的財産高裁は、損害賠償請求権をすべて認めなかった一審・東京地裁判決を変更し、ライセンス料相当額として995万円だけの損害賠償請求権を認める判決を下しているそうです。

スポンサードリンク

飯村敏明裁判長は、「サムスンによる損害賠償請求は、ライセンス料相当額を超える部分では認められない」との判断を下していて、サムスン側が求めていたアップルの販売の差し止めについては「権利乱用になる」と請求を却下して一審判決を支持しているとのこと。

なお、この裁判は争点を意見公募するという日本初の試みをおこなっていて、国内外の個人、法人などから計58件の意見が寄せられ、判決では「貴重で有益な資料」になったとしているそうです。

一審ではAppleの主張が全面的に認められた判決でしたが、今回は賠償額は低いもののサムスン有利の判決ということになったようです。ただ、今回の判決で大事な部分は”損害賠償請求は、ライセンス料相当額を超える部分では認められない”という部分のようです。

関連記事
知財高裁:Appleとサムスンの特許訴訟、争点を意見公募へ
東京地裁、Appleはサムスンの特許権侵害せずとの判断を下す

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)