今日の人気記事

スポンサードリンク

東京地裁、Appleはサムスンの特許権侵害せずとの判断を下す

Apple samsung logos 500x137

日本経済新聞によると、Appleの日本法人がサムスン特許権を侵害していないことの確認を求めた訴訟の判決が東京地裁であり、「(サムスン側は)特許権侵害に基づく損害賠償請求権を持たない」とApple側勝訴を言い渡したと伝えています。

スポンサードリンク

今回の判断は、「iPhone 4s」や「iPad 2」などで使われている基地局にデータを安定転送する技術だったそうで、長谷川裁判長は、Appleのスマホは同社独自の計算による転送方式を採用しており「サムスンの特許の構成要件に当たらない」と判断し、サムスンが損害賠償を求める権利はないと結論づけたとしています。

Appleとサムスンは世界中で特許訴訟を展開していて、日本もその舞台となっていますが、いままで何度か判決が下っていて、Apple有利な判断もあれば、サムスンの訴えが認められているケースもあります。

一時はCEO同士によるトップ会談で和解の道も探られるかと思いましたが、どうやら決裂しているようで、今後もこういった判決が世界各地で出されるものと思われます。完全に出口の見えない闘いとなってしまっていますね…。

関連記事
Appleとサムスンの和解協議は物別れに終わる!?
東京地裁、Appleとサムスンの「バウンスバック」技術などを巡る特許訴訟で、Apple勝訴の判決
Appleとサムスンの特許裁判、知財高裁がダウンロードに関する件ではAppleの主張を認める
Appleとサムスンの特許訴訟、東京地裁はApple勝訴の判決を下す
Apple、サムスンとの特許訴訟で1審を不服として知的財産高等裁判所に控訴
東京地裁、Appleの特許をサムスンは侵害していないとしてAppleの請求を棄却

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)