Iphonexbunner big

IK Multimedia、ギター&ベース・インターフェースのHD版でiRigの新モデル「iRig HD」を発表

IK Multimediaは、ラスベガスで行われている「CES 2013」において、iPhone・iPad・Macで使えるギター&ベース・インターフェース「iRig HD」を発表しています。

Irighd 1
 
iRig HD」に接続されたギター/ベースの音は、24-bitのADコンバータを通じてデジタル入力されるため、透明なサウンドをそのまま入力することができます。

入力ゲインをコントロールするプリアンプが搭載されているので、ピックアップの出力に応じて最適なレベルに調整することができます。また、超低消費電力で作動するので、iOSデバイスやMacのバスパワーで動作します。

Irighd 2

iRig HD」は、IK純正のギター/ベース・エフェクト & アンプ・モデリング・アプリのAmpliTubeAmpliTube FenderAmpliTube SlashAmpliTube Jimi Hendrixはもちろん、Apple GarageBandなどデジタル入力に対応したCore Audioアプリケーションで使うことが可能です。

IRigHD+MacAir sx CMYK no bkg

外出先では、iOSデバイスで、自宅やスタジオではMacで使うなど、幅広い用途に対応したコンパクトで高品位なデジタル・インターフェースとなっています。

「iRig HD」は以前のモデルとは違いMacでも使うことができるというのは1つのポイントだと思います。またLightningポートを使ったデジタル入力が可能になったことも見逃せないですね。

なお、価格は99.99ドルを予定しているようです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)