Apple、デベロッパー向けに改めてiOS・Mac向けアプリの64bit対応が必須になることを案内


Appstoremac

Appleは、デベロッパー向けて、改めてiOS・Mac向けアプリの64bit対応が必須になることをデベロッパー向けのサイトで案内しています。

「iOS 11」以降は32bitアプリは起動しなくなる

iOS向けアプリについては、今年秋にリリースが予定されている「iOS 11」から64bit対応が必須になっていて、32bitアプリについては起動することができなくなります。

Mac向けアプリについては、「WWDC 2017」のセッションで発表されたように、2018年1月からMac App Store提出される新しいアプリについては64bit対応が必須となり、2018年6月以降はすべてのアップデートされるアプリも64bit対応が必要となります。

また、今年秋にリリースされる「macOS High Sierra」が、32bitアプリをサポートする最後のmacOSになるこことも改めて案内しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で