Iphonexbunner big

Aaron Sorkin氏、Steve Jobs氏の伝記映画は3つのシーンで構成されることを明らかに

9to5Macによると、Steve Jobs氏の伝記映画の脚本を担当するAaron Sorkin氏は、映画が3つのシーンで構成されることを明らかにしたと伝えています。

 
それぞれのシーンは30分の長さになっていて、Mac、NeXT、iPodの発表直前の舞台裏のJobs氏を描いているそうです。

Jobs氏の伝記映画の脚本は、映画「ソーシャルネットワーク」の脚本家であるAaron Sorkin氏が担当することが決まっていて、その後あまり情報が出てきていませんでしたが、着実に準備が進んでいるということでしょうか。

Jobs氏の生涯をそのまま振り返るのではなく、この3つのシーンに集約してJobs氏を描くということになるのでしょうか?ちょっと完成形が想像がつかないですが、この映画は楽しみですね。

関連記事
アーロン・ソーキン氏、ジョブズ氏の伝記映画の脚本について「ビートルズについて書くようなもの」
スティーブ・ウォズニアック氏、スティーブ・ジョブズ氏の映画のコンサルタントに就任
ソニーが制作するスティーブ・ジョブズ氏の映画の脚本は、Aaron Sorkin氏に
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)