今日の人気記事

スポンサードリンク

初売りで買った「AirMac Extreme」をチェック

Airmacextreme01

 
昨日の記事で2014年1月2日に行われたApple Storeの初売りで「AirMac Time Capsule 2TB」を購入したことを書いたばかりですが、「AirMac Extreme」も購入していたのでチェックしてみたいと思います。

スポンサードリンク

こちらも「AirMac Time Capsule」と同様に2013年6月に発売された、最新のIEEE802.11acを初搭載した機種になっています。今回は仕事場に導入するために購入しました。

Airmacextreme02

 
早速開封してみたのですが、もう「AirMac Time Capsule」と全く一緒…。写真では違いを表現するのが難しいです。

ちなみに、「AirMac Time Capsule 2TB」の記事にも書きましたが、筒状の箱になっていて、ビニールをはがすと本体の重さで落ちてきてしまうので、必ず床においた状態で開封してください。

Airmacextreme03

 
同梱品も一緒ですね〜。パッケージの「AirMac Extreme」の文字がなければ写真では区別がつきません。

Airmacextreme04

 
ポートはギガビットEthernet LANポートが3つ、USBポートが1つ、ギガビットEthernet WANポートが1つと、これも一緒ですね。

Airmacextreme05

 

Airmacextreme06

 
せっかくなので「AirMac Extreme」と「AirMac Time Capsule」を並べてみました。もはや写真を撮ったのにどっちがどっちだかわかりません…。

なお、以前のモデルとは大きく異なり縦長の円筒形の形状となっていますが、この形状の変更はアンテナの数が6本に増えたことが影響しています。

そのうち3本は2.4GHz帯に、残りの3本は5GHz帯に対応していて、より速く、より遠くまで電波を届けることができるようになっています。

関連記事
初売りで購入した「AirMac Time Capsule 2TB」をチェック

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)