今日の人気記事

スポンサードリンク

Touch Bar搭載「MacBook Pro(Late 2016)」で起こっているGPU関連のバグは「macOS Sierra 10.12.2」で対処へ

Macbookprogpubug
image via 9to5Mac

先日の記事でTouch Bar搭載「MacBook Pro(Late 2016)」において、様々なGPUの不具合が報告されていることをお伝えしましたが、9to5Macによると、「macOS Sierra 10.12.2」で対処されるようだと伝えています。

スポンサードリンク

Craig Federighi氏からメールで回答

この問題に直面したユーザーからのメールに対して、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当シニアヴァイスプレジデントのCraig Federighi氏が『我々は「macOS Sierra 10.12.2」の最新のbeta版で、これらのグラフィック問題のすべてを対処できていると信じています』と返信があったとMacRumorsのフォーラムに投稿されているそうです。

この問題については、ぼくの「MacBook Pro(Late 2016)」でも何回か起こっていて、一部ユーザーがApple Storeに問い合わせたところハードウェアの問題と診断されたという情報もあったので、ソフトウェアアップデートで治るとなればかなり朗報ですね。

なお、「macOS Sierra 10.12.2」の正式リリースについてはまだいつになるかわかっていませんが、「macOS Sierra 10.12.2 Public beta 5」は「Apple Beta Softwar Program」に登録すれば利用可能です。

スポンサードリンク

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By HDCN

    ホントにmacOS 10.12.2で改善するんですかね?小生の15インチlate2016モデル、初期化してiOSのインストールしようとしても12時間メーターが動かない…(涙) 
    このボロマシン。もうAppleの収益を考えるとPC部門は切り捨てられても、iPhoneとiTuneでやっていけるという分析もされています。MacはじめMacbook系は売却されると違います?Apple JapanのCSに電話しても30分は待ち状態。最悪ですわ。今やDELLでも中国人の方で直ぐに対応してくれまっせ。根本的にAppleJapanは人員不足に上層部の対策不足で、一昔のDELLと化している。

コメントを書く

*
*
* (公開されません)