Apple、次世代「iPhone」向け有機ELディスプレイの供給先として中国のBOE Technologyと交渉か!?

Iphone7to7plus 01

Bloombergは、事情に詳しい複数の関係者によると、Appleは次世代「iPhone」向け有機ELディスプレイの新たな供給先としてBOE Technology(京東方科技集団)と交渉しているようだと伝えています。

スポンサードリンク

まだ交渉は初期段階

Appleは数ヶ月にわたってBOE Technologyのアクティブマトリクス式有機ELディスプレイをテストしているそうですが、今のところサプライヤーに加えるかどうかを決定していないそうです。

交渉自体はまだ初期段階となっていて、今のところ2017年モデルに搭載される可能性は低いようですが、2018年以降の採用を期待しているようです。

今のところ有機ELディスプレイについてはAppleはサムスンディスプレイから供給することが有力で、今年発売のiPhoneについてはそうなる可能性が高そうですが、来年以降は全てのモデルに有機ELディスプレイが搭載されても不思議ではないので、そうなると多くの供給先が必要となるので、そのための動きかもしれませんね。

なお、ほかにも有機ELディスプレイについてはシャープやジャパンディスプレイも2018年以降の「iPhone」に供給することを計画しているのではないかといわれています。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)