今日の人気記事

スポンサードリンク

ドコモ、スマホ向け家族割りや音声定額サービスも導入へ

Docomologo

日本経済新聞によると、ドコモは6月にもスマートフォン向けに新たな料金体系を発表する検討にはいっていて、家族で加入すればデータ通信料が安くなるプランを用意するようだと伝えています。

スポンサードリンク

ドコモは国内で初めて同居家族がデータ通信の容量を分け合える仕組みを始めるそうで、使用が月10GBの場合には1万円弱とする計画で、家族4人なら1人あたりデータ通信料が2500円程度となるとしています。

さらに、容量が大きな複数のプランを用意され、家族に若者がいたり、契約期間が長かったりする場合はさらに安くなるとのこと。

他にも音声通話で誰とでも定額で話せるサービスを導入予定で、価格は2千円台で提供する案が有力になっているそうです。

ドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社のデータ通信料金は競争が起きておらず高いままとなっていますが、ドコモがこういったサービスを導入することで料金の低価格化につながってほしいところです。

音声定額サービスについてはソフトバンクも発表していますが、LINEやiPhone同士ならFaceTimeオーディオなどがあるので、音声通話で利益を収益を増やすにはかなり工夫が必要な気がします。

関連記事
ソフトバンク、4月21日から提供の音声定額とパケット定額パックの内容を改訂
iOS 7の新機能:FaceTimeオーディオで、音声のみの通話が可能に
OS X Mavericks:MacでFaceTimeオーディオを使う(OS X 10.9.2以降)

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)