今日の人気記事

スポンサードリンク

iPhoneの盗難件数がアクティベーションロック機能が導入されてから大きく減少

Activationlook

9to5Macは、Reutersによると、Appleが「iOS 7」から導入したアクティベーションロック機能により、iPhoneの盗難件数が大きく減少したことをニューヨーク・サンフランシスコ・ロンドンの3都市の当局者が明らかにしたと伝えています。

スポンサードリンク

それぞれの当局者によると、この機能が導入されて12ヶ月間でiPhoneの盗難がニューヨークでは25%、サンフランシスコでは40%、ロンドンで50%減っていることが発表されたようです。

Appleは2013年9月に「iOS 7」をリリースし、その機能の一部としてアクティベーションロック機能が追加し、iOS 8では最初の設定画面で「iPhoneを探す」機能をオンにすることを推奨されるようになっています。

なお、このアクティベーションロック機能は「iPhoneを探す」機能をオンにすることで自動的にオンになり以下のことを実行するときにApple IDとパスワードを入力することが必要になります。

  • 「iPhone を探す」をオフにする
  • デバイスのデータを消去する
  • デバイスを再アクティベートして使用する

やはり盗難にはこの機能はかなり効果的に作用しているようですね。万が一、紛失や盗難にあったときのためにも「iPhoneを探す」機能はオンにしておくことをオススメします。

関連記事
Apple、iOSデバイスのアクティベーションロック状況を確認できるツールの提供を開始
iOS 7の新機能:「iPhoneを探す」のアクティベーションロック

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)