Iphonexbunner big

次世代「iPad」「iPhone」に触覚を利用した立体感あるタッチ・ディスプレイ搭載!?

COMPUTERWORLDは、Patently Appleの情報として、Appleが新しい高度なハプティクス(触覚)システムなどの特許を出願していると、米国特許商標庁によって公開された資料によって明らかになったとしています。

Thenewipad
 
新しい高度なハプティクス(触覚)システムは、「iPhone」「iPad」「iPod touch」のディスプレイが変形して、ボタンや矢印、地図などを画面から立体的に浮き上がらせることを可能にする技術だそうです。
Patently Appleは、Appleの新発明により、「画面に起伏を形成して、等高線図や立体的なボタンのほか、輪郭や形が変化、移動するオブジェクトなど、マルチスケール機能を持つ画面表現が実現される可能性がある」と述べている。
このディスプレイは感圧式も備える見通しで、ドローイングやペインティングアプリに大きく役立つとしています。

他にも新しいバッテリ設計、新しいカメラ機能、高速ケーブルの改良技術などの特許を出願していて、バッテリ設計に関するものでは、さまざまな厚さの設計に対応しており、「iPhone」や「iPad」の薄型化を可能にするかもしれないとしています。

この高度なハプティクス(触覚)システムというのは、以前「新しいiPad」が発表される数日前にもがありましたが、結局は搭載されませんでした。今回はAppleが提出した特許からの情報ですね。

今までもこういった特許情報から新しい製品のヒントが出てきたこともありますし、結局は商品化されずに終わったものもあるので、なかなかこれだけでは判断が難しいですが、触覚というのは面白いですよね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA