今日の人気記事

スポンサードリンク

Apple、サードパーティアクセサリメーカーが使えるLightningポートの仕様を明らかに!?

Iphone6review 09

先日の記事で、Appleが「MFI Technology Summit 2014」においてサードパーティアクセサリメーカーに対してLightningポート(メス)を使うことを許可したことをお伝えしましたが、9to5MacはそのLightningポートの仕様が明らかになったと伝えています。

スポンサードリンク

Appleの説明を受けたメーカーによると、AppleはドックやBluetoothスピーカー、ゲームコントローラ、ヘッドフォン、バッテリーケースなどのアクセサリのMicro-USBポートの代わりにLightningポートを採用することを期待しているそうです。

Lightningポートは、直接充電および充電と同期が可能になるパススルーが提供され、アクセサリ1つに対して1つのポートが使えることになるそうです。

このLightningポートでは付属のLightningケーブルで充電が可能なので、メーカーが別途充電用のケーブルを用意することがないので、コストが削減できるとのこと。

また、Lightningの利点としてUSBより高速に充電できることが挙げられていて、Appleはアクセサリを充電する電源アダプタについて少なくても1.0A以上が必要で、2.4A以上を推奨しているようです。

なお、今のところLightningポートは開発目的のためのサンプル出荷中で、製品版になる前に最終スペックのテストが行われるそうで、最終的にいつ出荷になるかはわかっていないそうです。ちなみに、ラスベガスで行われた「CES」ではこのLightningポートを使ったアクセサリは出ていないそうです。

アクセサリメーカーがLightningポートを使えるようになれば、ユーザーはLightningケーブルをだけを持っていればいいということになるので便利になり、メーカー側も例えばバッテリーの充電のために同梱されているMicro-USBケーブルなどを付属する必要がなくなるので、コストの面でもユーザーに説明する意味でも簡単になると思われています。

関連記事
Apple、アクセサリメーカーにLightningポートの使用を許可か!?

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)