今日の人気記事

スポンサードリンク

A9プロセッサは生産歩留まりに優れているTSMCがメインサプライヤーに!?

A8prosesser

MacRumorsは、Taipei Timesが伝えているアナリストの予測によると、Appleが次期iOSデバイスに使うとみられる「A9」プロセッサについてサムスンではなくTSMCがメインサプライヤーになるようだと伝えています。

スポンサードリンク

この理由について、サムスンとTSMCは技術力はほとんど同じのため、重要なのは量産する場合の歩留まりで、これについてサムスンよりTSMCが優れているとしているようです。

今までも「A9」プロセッサについてサムスンとTSMCが受注を争っていることが情報としてありましたが、どちらかというと今まではサムスンがメインサプライヤーになるのではないかという話が多かったようにおもいます。

iOSデバイスに使われる部品については毎回のように生産歩留まりが問題になったりしています。要となる「A9」プロセッサは特にその重要度が高いと思われるので、Appleが発注するにあたってそこは重要視している可能性がありますね。

(img via chipworks)

関連記事
DIGITIMES:TSMC、Appleの「A9」プロセッサの40〜50%を受注か!?
サムスン、iOSデバイス向け次世代「A9」プロセッサを14nmプロセスを用いて生産する!?

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)