ドコモ社長交代と「iPhone」販売の可能性についての報道

昨日もお伝えしたように、NTTドコモは次期社長に加藤薫常務を昇格させる人事を発表し、記者会見を開きましたが、やはり「iPhone」の販売の可能性についての発言は注目を集めたようです。

Docomo logoIPhone4s miniicon
 
昨日もお伝えした、毎日.jpをはじめ、時事通信読売新聞MSN産経ニュース朝日新聞などでも、次期社長になる加藤薫常務の「iPhone」に関する発言を取り上げています。

加藤薫常務は、「iPhoneの販売は現段階では難しい。私どもが考えている条件と合わないところがある」と従来のドコモの姿勢と同じ発言をしていて、Androidをメインに今後もスマートフォンを販売していくようです。

ただ、それでもドコモから「iPhone」販売の期待感が高いからでしょうか、マスコミ各社が「iPhone」をメインにした記事をアップしているところに非常に興味深いものがありますね。

アメリカでは「iPhone」を取り扱っていないT-Mobileが苦戦を続け、Sprintは「iPhone」がなければ純減となっていたなど、「iPhone」を取り扱わないというのは相当なハンデとなっています。

今のところドコモのスマートフォン販売が好調とみているので、こういった判断になっているのだと思いますが、10月にも発売が噂される次世代「iPhone」は、デザインが変更される噂があるなど、大幅なアップデートが予想されますので、それが発売されれば大量にドコモからソフトバンク、KDDIに流失が起こる可能性がありますね。

今後もドコモが「iPhone」を販売するかどうかは、ことあるごとに取り上げられそうですが、近い将来にドコモから販売される可能性は極めて低そうです。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)