Apple、「WWDC 2017」の基調講演をライブストリーム配信すると発表 ― 日本時間6月6日午前2時から

Wwdc2017keynote

Appleは、現地時間2017年6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から行わえる「WWDC 2017」の基調講演をライブストリーミング配信することを発表しています。

スポンサードリンク

注目の基調講演

Wwdc2017keynotejp

日本のApple公式サイトでも米国の公式サイト上で見ることができると案内されています。

なお、このライブストリーミングは、Mac(OS X v10.8.5以降でSafari 6.0.5以降)、iOS 7以降のiPhone/iPad/iPod touch、「Apple TV」は第2,3世代「Apple TVソフトウェア 6.2」以降、「Apple TV(第4世代)」、そしてWindows 10のMicrosoft Edgeで視聴が可能とのことです。

Wwdc2017keynoteappletv

また「Apple TV(第4世代)」の「Appleイベント」アプリ上では「WWDC 2017 Keynote」の案内が出ています。

この基調講演では、「iOS 11」「macOS 10.13」「tvOS 10」「watchOS 4」の発表が行われると思われますが、最近ではSiri Speakerや10.5インチ「iPad Pro」が発表されるのではないかという情報もあります。

特に10.5インチ「iPad Pro」についてはここにきて急に情報が出てきている感じもするので、可能性としては高いのかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)