今日の人気記事

スポンサードリンク

KDDI田中社長、「ドコモ版iPhoneの影響、乗り切った」と語る

Iphone5siphone5c mini

ケータイWatchによると、KDDIが行った第3四半期決算説明会の質疑応答で、NTTドコモからiPhoneが発売された影響を問われた田中孝司社長は、「なんとか乗り切った」と述べたと伝えています。

スポンサードリンク

田中社長は、「当初予想よりも、どちらかと言えば良い方に流れているんじゃないかということです」と述べ、「純増数を上方修正したが、昨年よりもプラスの修正であり、なんとか昨年のiPhoneの影響を乗り越えられたんじゃないかなという理解でいる」と語ったそうです。

ドコモからのiPhoneは、やはりKDDIにとってはひとつの脅威だったと思いますが、想定しているよりは流失を食い止められたという認識のようです。

スマートバリューや800MHz帯のつながりやすさのアピールなどが奏功したのかもしれません。今後は3社でiPhoneの取り扱いとなるので、どこで違いを出せるかが大事になってくると思います。

なお、先日のKanterの調査で、iPhoneの販売シェアは68.1%になっていて、その中でKDDIは63.7%に達しているそうです。

関連記事
2013年12月までの3ヶ月間、ヨーロッパなどの主要市場ではiPhoneのシェアは低下、日本でのシェアは68.1%に

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)