今日の人気記事

スポンサードリンク

ソウル地裁、Appleとサムスン特許を巡る訴訟でサムスンの訴えを棄却

Applesamsoung

 
ロイターによると、Appleの「iPhone」と「iPad」を巡る訴訟で、韓国のソウル中央地裁は、特許侵害を理由に韓国国内での販売差し止めを求めていたサムスンの訴えを棄却したと伝えています。

スポンサードリンク

ソウル地裁は「iPhone 4s」「iPhone 5」「iPad 2」について、サムスンが保有するショートメッセージの表示方法やメッセージのグルーピング機能に関する特許を侵害していないと判断し、サムスン側が求めていた販売差し止めと1億ウォン(約977万円)の損害賠償請求を退けたとしています。

Appleの韓国の広報担当は、「韓国の裁判所が他国の裁判所と同様に真の革新を支持し、サムスン電子のばかげた主張を退けたことを嬉しく思う」と述べ、サムスンは裁判所の決定を十分検討した上で控訴するかどうか決定するそうです。

サムスンの地元である韓国でも今回はApple有利の判決が出されたようですね。世界中でAppleとサムスンの特許訴訟が繰り広げられていますが、もはやお互い引くことはなさそうですね。

関連記事
Apple、サムスンとの訴訟費用が約61億円にのぼることが明らかに、サムスンに一部負担を求める

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)