今日の人気記事

スポンサードリンク

ドコモ坪内副社長、iPhoneの販売について「ドコモ側の態勢は整った、いつ出すかが問題だ」と語る

SankeiBizは、NTTドコモの坪内和人副社長のインタビューを公開していて、その中でiPhoneの販売について「ドコモ側の態勢は整った、いつ出すかが問題だ」と述べています。

Docomologo

 

スポンサードリンク

坪内氏はiPhoneの販売について「状況は変わっていない。(9月10日にiPhone発売を発表するのは)難しい。」と述べるも、「Appleにとっても国内最大の携帯電話事業者に扱わせないのは経済合理性がないし、ドコモにとっても顧客が求める端末を売らないわけにはいかない」と語り、従来どおり”条件の問題”としています。

ただ、ツートップ戦略はiPhone販売の地ならしだった?との問いには、「(iPhoneを扱っても、iPhoneに)対抗できる端末は必要だが、ドコモ側の態勢は整った。いつ出すかが問題だ」と述べています。

一見すると従来どおり条件の問題ということを繰り返しているように見えますが、今回は一歩踏み込んで、「ドコモにとっても顧客が求める端末を売らないわけにはいかない」、「ドコモ側の態勢は整った」との認識を示しています。

最近になって、ドコモが次期iPhoneから取り扱いを開始するとの情報がありますが、今までになく可能性が高まっているのかもしれません。少なくてもドコモ側の準備はできているということのようなので・・・。

関連記事
日本経済新聞:新型iPhoneの日本発売はやはり9月20日?
「iPhone 5S」と「iPhone 5C」は9月20日に発売!? スペシャルイベントではChina Mobileとドコモの取り扱いに関する発表も?

スポンサードリンク

コメント

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By gooro

    これは出ないな。出るならノーコメントでしょ

コメントを書く

*
*
* (公開されません)