スコット・フォーストール氏、iPhoneの開発は「挑戦だった」と語る

AllThings Dによると、Appleとサムスンの特許裁判で証人として出廷したAppleのiOS担当上級副社長のスコット・フォーストール氏は、2004年にiPhoneを作るためのチームを編成したことを明らかにし、本当にタフな挑戦があったことを証言したと伝えています。

Forstall hero20110204
 
フォーストール氏は当時CEOのスティーブ・ジョブズ氏から、携帯電話のソフトウェアすべての担当として任されたが、「会社外からは人を雇うことは出来なかった」と語り、もちろんAppleは電話を作ったことがないので、「これは本当に挑戦だった」としています。

Appleの内部からだれでも雇うことは出来たが、選んだ人やその人の上司などにもそのプロジェクトのことを伝えることが出来なかったそうで、この経緯をフォーストール氏は、Apple内部から「スーパースター」を見つけることだったと証言しているとしています。

このプロジェクトは秘密のため、声をかけられた人物には断ることも出来たそうで、もし断ってもそれによって後のキャリアに影響があるではないことを伝え、申し出を受け入れた人には、「あなたはおそらく数年の間、夜間や週末を放棄する必要がある」と伝えたそうで、フォーストール氏は「非常に有能な人材を得ることができた」と語ったそうです。

このチームはAppleのクパチーノの建物の一つに入り、監視カメラや認証システムなどに厳重に管理されていたそうで、いくつかの場合ではチームの人間でも5〜6回認証を受けなければ行けなかったとしています。

このプロジェクトの目標はAppleの従業員が使いたい電話を作成することで、フォーストール氏「我々は偉大な携帯電話を望んでいた」と語ったとしています。また、WAPと呼ばれる技術を使用した当時の電話のブラウザではなく、真のインターネットを提供する手段を望んでいたと述べたそうです。

iPhoneを開発する背景には先日もジョナサン・アイブ氏のインタビューの一部をお伝えしましたが、ソフトウェアの開発の方でも相当な苦労があったようです。

このプロジェクトに関わる人材を集めるのにも制限があったようですが、結局は全く電話開発をしたことのないAppleのエンジニアが、世界を劇的に変える電話を開発したということになりますね。

関連記事
エディー・キュー氏、過去に7インチのiPadの開発を提案
フィル・シラー氏、iPhoneとiPadの広告費を明らかに
ジョナサン・アイブ氏、iPhoneは「ほぼ打ち切り状態」だったと語る
スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)