エディー・キュー氏、過去に7インチのiPadの開発を提案

ロイターによると、Appleとサムスンの特許裁判でサムスンが裁判所に提出した電子メールの中に、インターネットソフトウェアサービス担当上級副社長のエディー・キュー氏が2011年1月に当時COOのティム・クック氏に対して、7インチのディスプレイを搭載したタブレット型端末の開発を提案していたことが明らかになったと伝えています。


engadget Japaneseも同様の記事を掲載していて、このメールの送信先は、ティム・クック氏の他に、iOS担当上級副社長のスコット・フォーストール氏、ワールドワイドマーケティング担当上級副社長フィル・シラー氏などが含まれていたそうです。

メールの内容は、「iPad」からサムスンの7インチタブレットに乗り換えたという記者の記事を添えて、記事の内容には同意すべき点があり、7インチタブレットにはこれから市場があるからわれわれも参入すべきだとするものだったそうです。

また、このメールについて証言したスコット・フォーストール氏によると、エディー・キュー氏は一時7インチGalaxy Tabを使っていたとしています。

今年中にも「iPad mini」が発売されるという噂は絶えませんが、少なくても2011年1月の段階では、「iPad mini」が開発を検討していたことは間違いないようですね。ただ、この話がこの後にどういった展開を見せているのかは不明なので、このメールから「iPad mini」が発売されると断定することは出来ませんね。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)