今日の人気記事

スポンサードリンク

Macのスクリーンショットの保存形式を.jpgに変更する方法

Screenshothozon 01

先日の記事で、Macのスクリーンショットの色々な方法を紹介しましたが、今回はそのスクリーンショットの保存形式を.jpgに変更する方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

Macのスクリーンショットのデフォルトの設定は.png形式となっています。基本的に大きな問題はないのですが、容量が大きいことがちょっとネックになったりします。そこで容量が軽い.jpgの登場というわけです。

Screenshothozon 02

このやり方で使うのが「ターミナル」アプリです。アプリケーションフォルダの中のユーティリティフォルダの中に入っていますので起動してみましょう。

Screenshothozon 03

ここでコマンドを入力することになるのですが、そのコマンドが以下のようになります。

defaults write com.apple.screencapture type jpg

このコマンド入れて「enter」キーを押した後に、続けて以下のコマンドを入力して「enter」キーを押してください。これはSystemUIServerの再起動コマンドですが、これをやらないと反映されません。

killall SystemUIServer

これで今後スクリーンショットを撮るときには保存形式が.jpgになります。さらに、これを応用すると.gifにも変更できたり、.pngに戻すこともできます。

defaults write com.apple.screencapture type gif
defaults write com.apple.screencapture type png

個人的は.jpgに変更したまま使っていますが、状況に合わせて使ってみてください。

関連記事
Macでスクリーンショットを撮るいろいろな方法

Macbenr

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)