Apple、Apple Watch向け次期OS「watchOS 5」を発表 ー トランシーバー機能などを追加


Watchos5 01

Appleは、現地時間2018年6月4日(日本時間6月5日)に行われた「WWDC 2018」において、Apple Watch向けの新しいOS「watchOS 5」を発表しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「watchOS 5」の特徴

今回発表された「watchOS 5」の主な特徴は以下のようになっています。

Watchos5 02

「アクティビティ」機能を強化。心拍数や加速度センサーなどを解析したり、「チャレンジ」機能や友達と競争できる機能を追加。

Watchos5 10

ヨガやハイキングなどのワークアウトも追加され、運動のペースを確認して、開始と終了を自動的に検知することができるように。

Watchos5 04

音声チャットができる「トランシーバー」機能を搭載。Cellular回線とWi-Fiで利用可能です。

Watchos5 11

「WebKit」に対応して、ウェブコンテンツの表示が可能に

Watchos5 03

新しい「watch Face」を追加。siriのショートカットも利用可能

Watchos5 01

「Hey Siri」は呼ぶ必要がなく、手首を上げて質問をすれば答えてくれるように

Watchos5 08

「Podcast」アプリを搭載。Siriからの操作も可能。

Watchos5 09

新しい「レインボー」バンドとwatch Faceを今日から提供開始

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で