iOS 11.3:iPhoneのバッテリーの状態を表示してくれる「バッテリーの状態(ベータ)」機能の使い方


Ios11batterynojyotai 01

「iOS 11.3」から、バッテリーの状態を表示してくれる新機能「バッテリーの状態(ベータ)」が追加されたので使い方を紹介したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

バッテリーの状態を表示

Ios11batterynojyotai 02

この「バッテリーの状態(ベータ)」機能は、設定アプリを開いて、下にスクロールするとある項目「バッテリー」の中にあります。

ここではバッテリー「最大容量」と「ピークパフォーマンス」という項目が表示されます。

Ios11batterynojyotai 03

「最大容量」は新品時と比較したバッテリー容量の基準で、容量が低下すると、1回の充電で使用できる時間が短くなることがあるので目安としてチェックしてみるといいと思います。

また、「ピークパフォーマンス」は、ピークパフォーマンスをダイナミックに管理することで突然のシャットダウンを防ぐパフォーマンス管理機能がオンになってるかどうかを確認することができ、オフにすることもできます。

さらに、バッテリーが劣化している場合は、Appleの正規サービスプロバイダーでバッテリー交換することを推奨するメッセージが表示されるようになっています。

なお、この機能は「iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus」で提供されています。

iPhone のバッテリーとパフォーマンス

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で