「iPhone 6 / 6 Plus」:ランドスケープモードでは日本語ローマ字キーボードの表示される項目が増えている

2015/06/23


Landscapekeybord 01

「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」は、今までの4インチディスプレイより大きな、4.7インチ・5.5インチのディスプレイが搭載されていますが、これによりランドスケープモード(横向き)では日本語ローマ字キーボードの表示される項目が増えています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ランドスケープモード(横向き)でのキーボードの違い

まずは4インチディスプレイで解像度が1,136 x 640ピクセルの「iPhone 5s」のランドスケープ時の日本語ローマ字キーボードの画面を見てみましょう。

Landscapekeybord 02

今まで見慣れた感じで、必要最小限の入力画面ですね。記号などを入力する場合は切り替えが必要です。

Landscapekeybord 03

次が4.7インチディスプレイで解像度が1,334 x 750ピクセルの「iPhone 6」のランドスケープ時の日本語ローマ字キーボード画面です。

右側にはカーソルキーがあったり、左にはUndoキーもあり、句読点も切り替えることなく入力できるようになり、絵文字もすぐにアクセスできます。

Landscapekeybord 04

さらに5.5インチディスプレイで解像度が1,920 x 1,080ピクセルの「iPhone 6 Plus」のランドスケープ時の日本語ローマ字キーボード画面では、「!」「?」やコピー、ペーストボタンなども追加されてます。

大画面になった「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」では日本語ローマ字キーボードを使う時もかなり便利になっています。

なお、日本語ローマ字キーボードを使う場合は、設定アプリから「一般 → キーボード → キーボード → 新しいキーボードを追加 → 日本語 → ローマ字」と選んで右上の完了を押せば使えるようになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で