ソフトバンク、「iPhone 6s」などの月々割の額を減額 – 一部を除き実質0円を廃止


Softbanklogo

昨日の記事でKDDIが、MNPで購入時の毎月割の額を減額していることをお伝えしましたが、ソフトバンクも、「iPhone 6s」などの月々割の額を減額していました。

ソフトバンクも実質0円を廃止

下の画像の左が「iPhone 6s」の先日までの機種代金で、右が変更後の機種代金となっています。

Softbankiphone6s

MNPの場合、月月割が月額3,468円から3,230円に減額、新規の場合は月額3,252円から3,230円に減額、機種変更は月額2,835円から2,825円に減額となっています。

iPhone 6s Plusでも多少の誤差があるもののMNP・新規・機種変更それぞれの月月割が減額となっていて、トータルとしてMNPと新規の月月割が一緒になっています。

Softbankiphone5sc

なお、今回の月月割の減額は「iPhone 5s」と「iPhone 5c」でも行われていて、変更前まで実質0円以下となっていたこの2機種が実質0円以上となっています。

Update
コメントで教えていただきましたが、AQUOS ケータイなどスマホではないガラケーについては新規・MNPの場合実質0円となっているので、タイトルを一部修正させていただきました。

anonymousさん、ありがとうございます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で