ソフトバンク、データ通信量1GBを上限に月額料金5,000円以下のプランを導入へ


Softbanklogo

NHKニュースによると、ソフトバンクは、総務省の有識者会議が、携帯電話の利用料金の引き下げを求める報告書をまとめたことを受けて、データ通信量1GBを上限に月額料金5,000円以下のプランを導入する方針を固めたと伝えています。

導入時期なのどは今後検討

ドコモやKDDI、ソフトバンクは来月にも今回の総務省の有識者会議の報告書を受けた形で値下げした料金プランを発表するという情報もありますが、ソフトバンクはこの報告書に沿ったプランを用意することになりそうです。

おそらくこの辺りのプランはドコモ・KDDI・ソフトバンクの3社が横並びになると思われます。

なお、有識者会議では実質0円やキャッシュバックについても議論されているので、今後こういった月額プランの他に携帯電話を購入時についても価格の見直しも実際に実施されていることになると思われます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で