Anker、350ml缶サイズのAndroid搭載モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」の販売を開始


Nebulacapsule

Anker Japanは、350ml缶サイズのAndroid搭載モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」の販売を開始しています。

今回事前にサンプルを提供していただけたので、簡単なレビューとともに紹介したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最大100インチの映像を投影可能

Nebulacapsule 02

この「Anker Nebula Capsule」は、アメリカのクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で1.4億円以上の支援金を集めた実績を持っていて、100ANSIルーメンの明るさでPCやスマートフォン、タブレット等から最大100インチの映像を投影することができます。

Nebulacapsule 03

360度スピーカーを搭載し、350ml缶サイズ・470gとコンパクトで軽量なため、場所を選ばずに設置できるのはいいですね。また、HDMIポートも搭載しています。

Nebulacapsule 04

本体上部にはコントロールボタンがあり、Bluetoothスピーカーとして使うモードも用意されていて、別途リモコンやコントロールアプリ「Capsule Control」があります。

Nebulacapsule 05

実際に「Anker Nebula Capsule」を壁から1.8m離れたところに設置して投影してみました。

隣に写っているテレビは42インチですが、それに比べてもだいぶ大きく投影できていて迫力がありますね。排熱のためのファンの風切り音は少し気になるものの、使い方次第でいろいろ楽しめそうなデバイスだと思います。

ちなみに仕様としては解像度は854×480画素、本体への充電時間は約2.5時間、動画再生時間はローカルコンテンツ再生時は約4時間、Wi-Fi利用時は約3時間で、価格は39,800円となっています。

なお、一部の著作権で保護されたコンテンツは、ミラーリング/スクリーンキャストすることができませんが、本体にはAndorid7.1が搭載されているため、専用アプリストアからアプリをダウンロードしてYoutubeやAmazonプライム・ビデオ、Netflix等から動画コンテンツを直接映し出しこともできます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で