Iphonexbunner big

【レビュー】USBアダプタとモバイルバッテリーが一体化した便利アイテム「Anker PowerCore Fusion 5000」をチェック!

Ankerpowerfusion 01

USBアダプタとモバイルバッテリーが一体化したユニークさが話題の「Anker PowerCore Fusion 5000」を遅ればせながら購入したのでレビューしてみたいと思います。

スポンサードリンク

壁のコンセントに直挿しできるモバイルバッテリー

Ankerpowerfusion 02

この製品の最大の特徴は、なんといっても壁コンセントに直挿しできることですね。電源アダプタやケーブルを必要とせず、差し込むだけで充電ができるのはとても便利です。

Ankerpowerfusion 02

Anker PowerCore Fusion 5000」は、Anker独自のPowerIQ・VoltageBoostに対応したUSBポートが2つ搭載されており、このポートの仕様は、バッテリー出力で最大3A、壁コンセント(ACアダプタ)からは最大2.1Aです。

いずれにしても2.1Aの出力が可能なので、iPadを充電することができますね。

ただ、壁コンセントからは最大2.1Aなので、iPhoneとiPadを同時に充電することはできない計算になりますので注意が必要です。

Ankerpowerfusion 05

コンパクトに折りたためるプラグになっているので、持ち運びにも便利ですね。

普段使いのモバイル機器を一度に全部チャージできる

USBポートが2つあるので、複数のデバイスを同時に充電することができます。まずは接続されたデバイスを充電し、その後「Anker PowerCore Fusion 5000」本体が充電されます。

Ankerpowerfusion 06

例えば寝る前に接続しておけば、朝起きる頃にはiPhone、AppleWatch、そしてモバイルバッテリーのすべてが充電されているということになります。

iPhoneの充電をし忘れることはほぼないのですが、モバイルバッテリーはいざ使おうと思ったら充電し忘れてた…なんてことがよくあるので、このように普段持ち歩くモバイル機器をまとめてチャージできるのはとても便利です。

最大3A出力!パワフルな5000mAhモバイルバッテリー

Ankerpowerfusion 07

モバイルバッテリーとしての性能も5000mAhと十分にパワフルで、2700mAhを超える大容量電池を搭載しているiPhone Xをゼロから100%まで充電できる容量です(理論値)。

使いどころにちょっと悩むmicroUSBケーブル付き

Ankerpowerfusion 08

同梱品は「Anker PowerCore Fusion 5000」本体と、microUSBケーブル、専用トラベルポーチです。他の多くのモバイルバッテリーと同じようにmicroUSB経由でバッテリーの充電を行うこともできます。

壁コンセントにそのまま指してしまえばmicroUSBケーブルを使う必要はないので、予備ということでしょうか・・・コンセントを使いたくない時にというのもありますが、少し使い所に悩みました。

とはいえUSBアダプタとモバイルバッテリーの機能を兼ね備えた「Anker PowerCore Fusion 5000」は、充電すべきデバイスが増えてきて、USBポートが足りなくなりがちな人にオススメできます。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)