「iPad mini Retinaディスプレモデル」Wi-Fi+Cellular版をチェックしてみた

2015/06/25


Ipadminiretina 01

 
2013年11月14日に「iPad mini Retinaディスプレモデル」Wi-Fi+Cellular版を購入したので早速チェックしてみたいと思います。

今回購入したのはApple Store,Shibuyaで、オンラインで予約をしてから買ってきました。早速あけてみます。

Ipadminiretina 02

 
スペースグレイモデルです。今回は「iPad Air」もスペースグレイだったので、若干シルバーにすればよかったと思っています。

Ipadminiretina 03

 
おなじみの同梱品です。電源、Lightningケーブル、簡単な説明書などです。

Ipadminiretina 04

 
写真ではわからないとは思いますが、さすがRetinaディスプレという感じで、文字がくっきり見えます。

Ipadminiretina 05

 
初代iPad miniと並べてみました。ちょっとみた感じでは区別はつかないですね。

Ipadminiretina 06

 
この写真でもわかりづらいのですが、厚さが「iPad mini Retinaディスプレモデル」の方が0.3mm厚くなっています。

Ipadminiretina 07

 
裏面がスペースグレイの色がよくわかりますね。非常に落ち着いた色でかっこいいと思います。

Ipadminiretina 08

 
ベンチマークを「Geekbench 3」で計測してみました。左から「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレモデル」「iPad mini」となっています。

やはり、「iPad mini Retinaディスプレモデル」と「iPad mini」の差は約5倍となっています。

 
最後に「iPad mini Retinaディスプレモデル」と「iPad mini」の起動スピードを比較したムービーを撮ってみました。やはり圧倒的に早いですね。

やはりRetina化されたディスプレイの鮮やかさはすごいですね。これだけの小ささなので、やはり常にバッグに入れておきたいですね。

iPad Air」と「iPad mini Retinaディスプレモデル」を比較するとスペックもさほどかわらず、ディスプレイの大きさだけという感じですが、これはどういった用途に使うかいうのが選ぶ際のポイントになるのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で