Apple、Mac向けOS「macOS Mojave」を発表


Macosmojave 01

Appleは、現地時間2018年6月4日(日本時間6月5日)に行われた「WWDC 2018」において、Mac向けの新しいOS「macOS Mojave」を発表しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「macOS Mojave」の特徴

今回発表された「watchOS 5」の主な特徴は以下のようになっています。

Macosmojave 02

新しい「ダークモード」を追加。メニューバーなどすべてが暗くなり、コンテンツがより見やすくなります。

Macosmojave 03

デスクトップの壁紙が「朝・昼・夜」で変わるように。

Macosmojave 04

デスクトップのコンテンツが積み重なる「スタック」機能が追加。

Macosmojave 05

「Finder」に「ギャラリー」表示を搭載。クイックアクションによりいろいろな操作が可能に。

Macosmojave 06

Quick Lookにマークアップ機能などを追加。

Macosmojave 07

スクリーンショットの機能を強化。キャプチャの方法が様々に利用でき、デスクトップの動画もキャプチャ可能に

Macosmojave 08

iPhoneで撮ったスクリーンショットや写真などをMacのアプリにすぐに送ることが可能に

Macosmojave 09

「ニュース」「株価」「ボイスメモ」アプリ、さらに「Home」アプリを搭載。

さらなるプライバシー機能を強化。「Safari」ではよりユーザーのトラッキングを防ぐように。

Macosmojave 10

「Mac App Store」を刷新。新しいタブの追加やプレビュー動画を追加し、フィードバックも簡単にできるようになるそうです。また「Microsoft Office 365」や「Adobe Creative Cloud」なども登場へ。

Macosmojave 11

「macOS」と「iOS」と統合することについては「No.」と名言。ただし、「iOS」アプリをMacに移植できる機能を提供する予定で、今回発表された「ニュース」「株価」「ボイスメモ」のMacアプリはこれを利用したもので、デベロッパーには2019年に提供へ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で