新型「MacBook Air」の量産が2018年下半期に延期か!?


Macbookair

DIGITIMESは、サプライチェーン情報筋によると、新型「MacBook Air」の量産時期が2018年第2四半期(4〜6月)から下半期に延期されたようだと伝えています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

新型「MacBook Air」の発売時期に影響する?

この量産延期について、特に理由は説明されていないようですが、プロセッサなどの主要コンポーネントの問題によって引き起こされている可能性があるとしています。

なお、この新型「MacBook Air」については今までの情報から、よりスリムなデザインで、13.3インチディスプレイはRetina対応、Intelの最新ノート向けプロセッサーを搭載するといわれていて、価格も999ドルから、899ドルに引き下げられるだろうと予測されています。

当初6月の「WWDC」あたりにも発表されるのではないと予想された新型「MacBook Air」ですが、量産時期が遅るとなると、発表・発売時期にも影響がでたりするのかどうかが注目となりそうですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で