Iphonexbunner big

6.1インチ液晶ディスプレイを搭載した新型「iPhone」は3D Touch非対応に!?

Iphonex

MacRumorsは、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏によると、Appleが今年発売を予定している次期iPhoneのうち、6.1インチ液晶ディスプレイモデルは「3D Touch」が非対応になるだろうと予測しています。

スポンサードリンク

コスト削減のために「3D Touch」が非対応に?

この6.1インチ液晶ディスプレイモデルには、新たに「Cover Glass Sensor(CGS)」技術とよばれるものが採用され、これによりより軽く、より耐衝撃性のあるディスプレイになるそうですが、これによりタッチパネルのコストが15%上昇することが見込まれるそうです。

そのため、Appleは「3D Touch」を非対応にすることでこの新しいディスプレイのコストを相殺することを考えているとしています。

なお、そのほかの「iPhone X」のアップグレード版や6.5インチ有機ELディスプレイモデルは引き続き「3D Touch」に対応するそうです。

また、Ming-Chi Kuo氏は、2019年に発売の「iPhone」シリーズではすべてCGSディスプレイを搭載する見込みなので、そのタイミングですべてのiPhoneから「3D Touch」が非対応になるかもしれないと予測しています。

6.1インチ液晶ディスプレイモデルの「3D Touch」非対応については、以前もMing-Chi Kuo氏は予測していましたが、改めて言及するあたり可能性としては高まっているということなのかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)