Iphonexbunner big

次期「iPhone」の3つのモデルに関する最新予測 ー iPhone X・iPhone X Plusには4GBのRAMが搭載!?

2018iphonekou

MacRumorsは、KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏がアジアのサプライチェーンから集めた次期「iPhone」に関する情報を明らかにしたと伝えています。

スポンサードリンク

6.1インチモデルにはやはりジャパンディスプレイの液晶が搭載?

まず、Ming-Chi Kuo氏は新たに登場する6.1インチ液晶ディスプレイモデルについて、Pegatron、Foxconn、がそれぞれ生産を60%、30%、10%の割合で担当することになり、液晶はジャパンディスプレイが70%供給をすることになるだろうとしています。

このディスプレイには、ジャパンディスプレイの0.5mmのべゼル幅が特徴の「フルアクティブ」ディスプレイの採用が見込まれています。

また、ホームボタンは廃止され、ほぼフルスクリーンのデザインとなり、TrueDepthセンサーを搭載して「Face ID」や「アニ文字」が利用可能、バッテリーは「iPhone X」より8.5%大きい2,850〜2,950mAh、価格は700〜800ドルになるだろうとしています。

新型iPhone XとiPhone X Plusに関する予想

Ming-Chi Kuo氏は新型「iPhone X」と6.5インチモデルの「iPhone X Plus」について、4GB RAMを搭載すること、「iPhone X Plus」については、「iPhone X」に比べて25%も多い3,300-3,400mAhのバッテリーを搭載することが予想されているとしています。

ただ、この2つのモデルは特に大きなアップグレードというものはないようで、6.1インチモデルが人気が出るのではないかと予測しています。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)