2018年「iPhone」はより多く容量を持ったバッテリーを搭載か!?


Iphonex

MacRumorsは、KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏の最新のレポートで、2018年に発売される6.5インチと5.8インチの「iPhone」は、L字型のバッテリーを採用することで、より多くのバッテリー容量を搭載することが可能になるかもしれないと伝えています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最大で10%の容量アップが期待できる?

Ming-Chi Kuo氏は、バッテリ容量を増やす理由について、2018年に登場する3つの「iPhone」すべてにTrueDepthカメラが搭載され、より多くの電力を消費するためだとしていて、韓国のLG Chemと1セルのL型バッテリーを開発していると考えられるとしています。

この新しいバッテリーが量産されると、5.8インチ有機EL「iPhone」には2,900-3,000mAhのバッテリーが搭載されるとしています。ちなみに「iPhone X」のバッテリーは2,716mAhなので10%ほど増加するかもしれません。

なお、もうひとつ発売が予定されている6.1インチ液晶ディスプレイモデルは角型のバッテリーの方がコスト的に有利と考えているそうですが、「iPhone 8」シリーズより容量は増加すると見込まれるようです。

Ming-Chi Kuo氏は、以前のレポートで2018年には「iPhone X」のアップグレードモデル(5.8インチ)のほかに、6.5インチ有機ELディスプレイ搭載モデルと6.1インチの液晶ディスプレイを搭載したモデルが追加されると予測しています。

バッテリーについては大容量になればなるほど、ユーザーとしては嬉しいことなので、これは是非実現してほしいところです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で