Apple、サムスンにiPhone向けの有機ELパネルを7,000万枚の注文か!?


Iphone7red review 09

NIKKEI ASIAN REVIEWは、iPhoneの設計に精通したサプライチェーンの情報筋によると、AppleはサムスンからiPhone向けの有機ELパネルを7,000万枚注文したようだと伝えています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

やはり次期iPhoneには有機ELパネルを採用か

今回の情報はIHS MarkitのシニアディレクターDavid Hsieh氏との情報とも一致しているそうで、David Hsieh氏は、「需要が期待を上回った場合は、サムスンが2017年に9500万台のパネルを生産する準備を進めている」と述べているそうです。

ただ、7,000万台のうち一部は今年は出荷されず、需要に応じて来年に持ち越される可能性もあり、Appleが今年発売するプレミアムモデルに採用される有機ELパネルはサムスンが唯一のサプライヤーになるとしています。

また、他にも今年発売される「iPhone」は3つモデルが登場予定で、現行の4.7、5.5インチモデルのほかに5.2インチの有機ELパネルを搭載したモデルが登場するとしています。

さらに、3つのモデルすべてにワイヤレス充電が搭載されるようだが、サプライヤーはまだ過熱問題の解決に取り組んでいるそうで、また、防水も含まれているとのこと。プレミアムモデルにはホームボタンが廃止され、顔認証を可能にする3Dセンサーの搭載されるといった情報があるそうです。

すでに今まで出ている情報と大きな変化はなさそうですが、やはり新たなサイズのモデル、いわゆるプレミアムモデルで今年発売される可能性は極めて高そうで、そのモデルに有機ELパネルが搭載されそうですね。

以前の情報ではプロトタイプが複数ある段階ということもあったので、開発がどのくらい進んでいるのかも気になるところではあります。

(via MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で