Apple、iPhoneの日付を1970年1月1日にすると使えなくなるバグは今後のソフトウェアアップデートで修正へ


Iosbagjikan

先日の記事でiPhoneの日付を「1970年1月1日」に設定すると使えなくなってしまうバグが発見されたことを伝えしましたが、Appleはこの件についてサポートドキュメントを公開していて、今後のソフトウェアアップデートで修正することを明らかにしています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

1970年5月以前に変更すると再起動ができなくなる

このサポートドキュメントによると、このバグは手動でiOSデバイスの日付を1970年5月以前に変更すると、再起動後ができなくなるとしています。

この問題については、今後のソフトウェアアップデートで修正されるそうで、この問題を持っている場合はAppleのサポートに連絡してくださいとのことです。

この問題だけのアップデートがリリースされる可能性は低そうですが、少なくても来月にリリースが予想される「iOS 9.3」ではこの問題が修正されるのではないかと思われます。

とりあえずこれをやるとiPhoneが軽くなるといったようなかなり悪質なデマがあるようなので、絶対に試したりはしないようにしてください。

(via 9to5Mac)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で