「iPhone 7」ではリアカメラの出っ張りと背面のアンテナラインがなくなる!?


Iphone7reamock
image via MacRumors

MacRumorsは、過去に信頼性の高い情報筋によると、Appleが今年の9月に発売するとみられる「iPhone 7」について、2つの重要な例外を除いて、「iPhone 6/6s」と非常に似たでザインになると伝えています。

リアカメラの出っ張りとアンテナラインがない?

「iPhone 6/6s」との違いのひとつは、「iPhone 7」では薄いカメラモジュールを採用することで、「iPhone 6/6s」では出っ張っていたリアカメラがフラットになるとしています。

なお、「iPhone 7 Plus」についてはデュアルレンズカメラが搭載されるという噂があるが、「iPhone 7」では今までと同様のカメラが搭載されるとしています。

もうひとつは大きな変更は、背面にあったアンテナラインがなくなり、オールメタルになるそうですが、エッジ部分のアンテナラインは残るようだとしています。

また、「iPhone 7」では「iPhone 6/6s」より薄くなると噂されているが、それについては確認できなかったとしています。

今までの情報では、「iPhone 7」ではヘッドフォンジャックが廃止され、さらに薄型化され、防水になるといったいくつかの噂がありますが、リアカメラの出っ張りがいよいよなくなる可能性もあるようです。

アンテナラインと共に評判の悪いあのカメラがフラットになればいいですね〜。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で