VerizonとSprintは「iPhone 4S」シムロックフリー版を提供

2011/12/19


MacWorldによると、アメリカのキャリア、VerizonとSprintは「iPhone 4S」シムロックフリー版を提供すると伝えています。
「iPhone 4S」はGMSとCDMAの両方がサポートされていますが、Verizonは、発売から60日後にシムロックを解除してもらえるとのこと、さらにSprintは発売当初からロックフリー版を発売するとしています。
これにより、ユーザーは海外に行った際などに、現地のSIMカードを購入して使用することができるので、高いローミング料金を払わなくて済むとのことです。
日本では、ソフトバンクが海外のローミング料を一部の国で定額制にしたことにより、安心して使えるようになりましたが、海外ではそういったことにはなっていないのでしょうね。ちなみに、アメリカのCDMAネットワークを利用するこの2社は、マイクロSIMカード採用していないようです。Verizon版「iPhone 4」にはマイクロSIMスロットを搭載していませんでしたからね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で