キングジム、自分の荷物を見守ってくれるモニタリングアラーム「トレネ」を2月23日に発売へ


Torene 01

キングジムは、 離席の際に荷物を見守るデジタルツール、モニタリングアラーム「トレネ」を2018年2月23日(金)に発売すると発表しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

一人で外出した時に便利

トレネ」は、一人で外出した際、カフェなどで荷物を置いたまま離席するときに、iPhoneなどのスマートフォンと連携して荷物の”見守り”をしてくれるツールです。

Torene 02

iPhoneと「トレネ」をBluetoothでペアリングし、荷物に「トレネ」を置くだけで準備は完了となり、iPhoneを持って席を離れると、Bluetooth通信が切断され、「トレネ」が自動的に見守り状態になります。

Torene 03

離席中に荷物が動かされ、「トレネ」本体に振動が加わると、異常を察知して、アラーム音とLEDの光で周りに知らせてくれます。

特に問題なく席に戻ってきた場合は、「トレネ」とiPhoneが再び通信をして、見守りは自動的に終了するようになり、もし席にいるときに「トレネ」に振動が加わっても、センサーは反応せず、アラームは鳴ることはありません。

この製品はクラウドファンディングサイト「Makake」で目標金額の約10倍の資金を集めたことでも話題になった製品で、価格は6,800円で2018年2月23日(金)から一般発売となります。

一人でカフェで仕事をしたりする時でもにかなり便利な製品なんじゃないかと思います。トイレに行く時でも荷物が気になったりするので、個人的にもかなり気になる製品ですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で