Apple、App Storeのアプリの数が200万を超えたことを発表


Appstore

Appleは、「Bill Graham Civic Auditorium」で行われた「WWDC 2016」の基調講演において、App Storeのアプリの数が200万を超えたことを発表しています。

App Storeのダウンロード回数は1,300億回を超え、デベロッパーには500億ドル(5兆3000億円)を配布したことを明らかにしています。

なお、この「WWDC 2016」に参加している最年少の参加者は9歳とのことです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で