LINE、iOSアプリ「LINE」の過去のバージョン(ver7.1.3~7.15)に脆弱性があることを発表 ― 最新版へのアップデートを


Linenewe

LINEは、iOS版「LINE」の過去のバージョン(ver7.1.3~7.15)において、アプリに組み込まれたサードパーティ製SDKの脆弱性に起因したSSLサーバ証明書の検証不備の脆弱性があり、信用出来ないネットワークを使って「LINE」 iOS版を利用し特定の暗号通信を行った場合、その内容の盗聴や改竄が行われる恐れがあったと発表しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

最新版へのアップデートが必要

この脆弱性の影響は、LINE内で表示される各サービスや、外部サービスを利用する際の通信(外部サービスのID・パスワード等を含む)が対象となっていて、LINEのテキストによるトークの内容(※)や、LINEのログイン情報(パスワード)、無料通話、ビデオ通話は影響を受けないとのこと。

※一部の画像や動画などをダウンロードする際の通信は影響を受ける可能性があります

この問題は、2017年11月24日にリリースしたバージョン7.16で修正されているので、現在利用している「LINE」アプリのバージョンが7.1.3~7.15の場合は、最新版へのアップデートをしてください。

なお、この脆弱性はiOS版のみとなっていて、Android、Mac OS、Windows 8/10版のLINEは影響を受けていないそうです。

LINE
掲載時の価格:無料 (最新価格はStoreで確認してください)
アプリをダウンロード
スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で