Microsoft、iPhone版ブラウザ「Microsoft Edge」を日本のApp Storeで提供を開始


Edgeforios

Microsoftは、iPhone版ブラウザアプリ「Microsoft Edge 41.10」をApp Storeでリリースしていて、このバージョンから日本での提供が開始されています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

Microsoft Edge for iOS

Microsoft Edge」は、Windows 10 ユーザーが使うとどのデバイスでも同じブラウザ環境から、シームレスにコンテンツやデータにアクセスすることができます。

また、今回のアップデートでは、以下の機能改善が含まれています。

  • 3D Touch の Peek and Pop
  • ページ内検索 (“…” メニューにあります)
  • Microsoft Edge でリンクを開くようにする Outlook アプリの設定 (Outlook の設定)
  • 共有シートを介して他のアプリから Microsoft Edge でのリンクの共有
  • 新規タブ ページ上のニュース フィードのコンテンツ領域を選択 ([設定] -> [新規タブ ページ] でこれをカスタマイズできます)
  • リンク上を長押しすると新しいタブがバックグラウンドに開かれる
  • アプリの起動時間を超高速化
  • なお、iPadのサポートについては現在取り組み中とのことです。

    Microsoft Edge
    掲載時の価格:無料 (最新価格はStoreで確認してください)
    アプリをダウンロード
    スポンサードリンク
    スポンサードリンク

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    Twitter で