Apple Pay

「Apple Pay」対応機種まとめ:Suicaを使う場合は「iPhone 7/7 Plus・Apple Watch Series 2」以降が必要

投稿時間2016.10.25
Applepay 01

「iOS 10.1」「watchOS 3.1」がリリースされ、2016年10月25日の午前5時から日本で「Apple Pay」のサービスがスタートしました。この記事では、基本中の基本ではありますが、「Apple Pay」がどの端末でどのサービスが使えるかをおさらいしておきたいと思います。

改札や店舗で使う場合はiPhone 7/7 Plus、Apple Watch Series 2以降が必要

Applapaytips 08

日本での「Apple Pay」といえば、Suicaに対応したことが一番注目されていますが、使える端末は現段階では「iPhone 7/7 Plus」「iPhone 8/8 Plus」「iPhone XS/XS Max/XR/X」「Apple Watch Series 2/3/4」となっています。

これらの端末であれば、Suicaに対応したJRなどの交通機関で使えることができますし、「Apple Pay」にクレジットカードを登録しておけば、対応店舗で支払いに使うことができます。なお、支払い時には「Suica・iD・QuickPay」のどれかを指定することなります。

Applapaytips 09

「iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE」については、「Apple Pay」はアプリ内や対応したウェブサイトでの決済には使えるのですが、実際のお店などでは単体で利用することができません。

ちなみに「iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3」もアプリ内や対応したウェブサイトでの決済のみ使うことが可能です。なお、カードの追加は設定アプリ内の「WalletとApple Pay」から可能となっています。

対応端末・サービスまとめ

機種Suica
交通機関
店舗アプリ内ウェブ上
iPhone 7/7 Plus
iPhone 8/8 Plus
iPhone XS/XS Max/XR/X
iPhone 6s/6 Plus/6/6 Plus/SE
iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini 4、iPad mini 3

とりあえずいま書いたことをまとめると、iPhoneやiPad単体での「Apple Pay」の利用可否は上記の表のようになります。

対応機種Suica
交通機関
店舗アプリ内ウェブ上
iPhone 5以降とペアリングした
Apple Watch Series 2/3/4
Phone 5以降とペアリングした
Apple Watch Series 1とApple Watch(第1世代)

「Apple Pay」は「Apple Watch Series 2」はSuica対応なので改札でも使えますし、店舗での決済でも利用できます。なお、「Apple Watch Series 1」や「Apple Watch(第1世代)」はアプリ内決済でのみ利用ができます。