Apple、「Apple Books」に関するプレスリリースを公開 ー 「iBooks」をリニューアルし「iOS 12」に搭載へ


Applebooks 00

Appleは、先週開催された「WWDC 2018」で発表された「Apple Books」に関するプレスリリースを公開していて、今秋に予定されている「iOS 12」の正式リリースに伴って「iBooks」の後継アプリケーションとして登場すると発表しています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「iBooks」から「Apple Books」に

Applebooks 01

「Apple Books」には現在読んでいる(聴いている)ブックが表示される「今すぐ読む」タブ、Complete the SeriesとYou Might Likeには、最近読み終えた作品に基づく別のタイトルが現れるようになっています。

Applebooks 02

また、オーディオブック専用タブが初めて搭載され、iPhoneやiPadを使って自宅でも外出先でも、あるいは自動車での移動中ならCarPlayを使って、本を耳で楽しむことができます。

新しくなった「ブックストア」タブからは、トップランキング、エディターのおすすめ、エディターによるコレクション、特別価格のブック、無料ブックなど、Apple Booksが提供するあらゆる情報を簡単に見渡すことができます。

さらに、ストアを通じてブックを読めば読むほど、「For You」タブでは、購入履歴に基づいてパーソナライズされた推奨タイトルが受け取れるようになりるとのことです。

なお、新しいApple Booksアプリは今秋の登場が予定され、ブックストアは世界51カ国で提供されるほか、無料の本は世界155カ国で提供される予定とのこと。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で