Iphonexbunner big

「iPhone 4S」バッテリー問題の原因の1つが、「iTunes Wi-Fi同期」かもしれない

先日、「iOS 5.1」でバッテリー問題は解決されたかを検証した記事を書きましたが、原因を究明している中でひとつ怪しい箇所を発見しました。それが「iTunes Wi-Fi 同期」です。
ITuneswifi 1

「iTunes Wi-Fi同期」は「iOS 5」から搭載された新機能ですが、かなり便利な機能のため、当初から使っていました。ただ私の「iPhone 4S」との相性が良くなくて、バッテリーの消耗が激しくなっているんではないかと思ってきました。
ITuneswifi 2
ということで、iTunesに「iPhone 4S」を接続し、「iTunes Wi-Fi同期」のチェックボックスを外してみたところ、なんとバッテリーの持ちが劇的に改善されたのです。

Ituneswifion Ituneswifioff

左が「iTunes Wi-Fi」同期がオンの時に撮ったスクリーンショット、右が「iTunes Wi-Fi」をオフにし、1日使った後のスクリーンショットです。

なんと使用時間に大きな変化があり、バッテリーの残量が明らかに違います。さらに先日の検証結果と比較しても大きな改善です。もちろん使用方法はいつもと変わりません。

前から使用時間が多いのが気になっていました。さすがに1日で5時間も6時間も「iPhone」を操作していないですからね。

あくまでも仮説ですが、「iTunes Wi-Fi同期」がオンになっていると、「iPhone 4S」のバックでタスクが動いてる可能性があるのかもしれません。

「iTunes Wi-Fi同期」のオフだけでこれだけバッテリの持ちが変わったので正直驚いています。これは私の個人的な現象かもしれませんが、もしバッテリ寿命で悩んでる人がいたらこれも原因の一つかもしれません。

スポンサードリンク

コメントを書く

*
*
* (公開されません)