iOSアプリとmacOSアプリを統合できる開発プロジェクト「Marzipan」は2019年までリリースされない!?


Iosmac

Daring FireballのJohn Gruber氏は、以前Bloombergが報じていた、iOSとmacOSアプリを両方で動作可能な開発環境プロジェクト「Marzipan」について、「WWDC 2018」で発表されないことは確実で2019年にリリースの「iOS 13」と「macOS 10.15」に搭載されるだろう伝えています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

「WWDC 2018」ではスニークプレビューとして公開?

John Gruber氏は、この「Marzipan」というプロジェクトはすでにこの名前では呼ばれていないようで、詳細情報については持っていないが、宣言型の「クロスプラットフォームAPI」のような方たちで提供されるだろうとしています。

これについてMacお宝鑑定団Blogさんも、「iOS 12」などは以前AXIOSが伝えたようにパフォーマンスの信頼性に重点を置くために、いくつかの新機能の搭載を来年に延期することになったため、このプロジェクトも2019年のリリースとなるようだとしています。

また、macOSをiOS化することが目的ではなく、Mac App Storeの活性化が目的であること、「WWDC 2018」ではスニークプレビューとしてデモが行われるのではないかとしています。

大きな注目をされていたこの機能ですが、今年リリースが予定されている「iOS 12」や「macOS 10.14」は、パフォーマンスの信頼性が大きなテーマとなったことで予定が変わったようですね。

ただ、そうなると「WWDC 2018」ではどういったことが大きくフォーカスされるのかが気になるところです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で