Appleの製造パートナー、「iPhone 6」と「iWatch」の両方の生産に十分なサファイアガラスを供給可能!?

2015/07/10


Sapphire furnaces

MacRumorsは、Seeking AlphaのアナリストMatt Margolis氏が、最新のサプライチェーンの調査によると、Appleのサファイアガラス製造パートナーのGT Advanced Technologiesは、「iPhone 6」の両モデルと「iWatch」に必要なサファイアガラスを生産できると伝えています。

Matt Margolis氏は、4.7インチと5.5インチのディスプレイをフルでサファイアガラスでカバーするための十分な供給能力をもっていると確信していると述べているそうです。

現在サファイアガラスは、カメラ部分とTouch IDの一部に使われていますが、「iPhone 6」のディスプレイ全体に使われることになるのでしょうか?iWatchはおそらくそれほど大きくないので問題にならなそうですが、以前の情報では、コスト高で5.5インチモデルのみに使われるという話もあったので、その辺がどうなるのかも気になるところですね。

関連記事
5.5インチ「iPhone 6」はサファイアディスプレイのコスト高で生産は限定的に!?
次期「iPhone」は4,7と5.5インチディスプレイを搭載した2モデルで、サファイアクリスタルをディスプレイに採用!?

スポンサードリンク
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で